ちゃーじのFM日記

Football Managerの記録。本物のターフィーくんとも、本物の先代のターフィーくんとも関係ないですゴメンナサイ

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

激震の新年 (2017.01-02)  

前回までのあらすじ

ターフィー監督率いるEastleighは相変わらず、リーグ戦では独走を続ける。
時にゴール欠乏症に襲われてもチームは前向きに戦っている。

そんな彼らが迎える新年、2017年はどのような一年になるのか?


 
2017年1月

というわけで、新年を迎えた。
SnapCrab_Football Manager 2016_2016-4-5_8-51-48_No-00
冬の移籍期間も始まった。
SnapCrab_Football Manager 2016_2016-4-5_9-2-45_No-00
そんなタイミングでこんな通告をしてくる理事会ちゃんがお茶目すぎて草も生えない。

移籍期間が始まるにあたって、理事会からは目標の変更についての確認があった。
SnapCrab_Football Manager 2016_2016-4-5_8-52-8_No-00
SnapCrab_Football Manager 2016_2016-4-5_8-52-17_No-00
今までどおりのプレーオフ進出を目標としていると総人件費予算が257M(単位:百万円)であるが、昇格を勝ち取ることを目標にすることで281M(単位:百万円)に増額が可能とのことである。
まあ予算が増額したところで我がクラブの経営状態が褒められた状態でないことは変わらない……というか、おそらく悪化してしまうので予算はそのままで行きたいところであったが、
SnapCrab_Football Manager 2016_2016-4-5_8-52-26_No-00
あえて増額してもらうことにした。
なぜなら、
SnapCrab_Football Manager 2016_2016-4-5_8-25-55_No-00
契約期間の残り少ない選手たちが、今季の好成績によりどいつもこいつも増額を要求してきて、契約延長もままならないからである。
倍増要求もザラだしな。
SnapCrab_Football Manager 2016_2016-4-5_8-52-51_No-00
DFハーディングなんかは、そもそも契約延長に応じてくれない。
まあ彼の場合はアシスタントマネージャーのレポートでも「3部あたりにふさわしい能力」と言われているだけあって、現在5部のEastleighで満足していないのは無理からぬところではあるのだけれど。

まあそんなこんなで、予算を増額してもらった隙に何人かの選手の契約を延長することに成功した。

年明け最初の試合が大雨のため延期となったため、次の試合はFAカップ三回戦、West Ham戦ということになった。
年末恒例のイングランド鬼日程の影響で疲労のたまっていた選手たちにとっては、はるか格上の試合を前に良い調整期間になるとみていたのだが。
だが!
SnapCrab_Football Manager 2016_2016-4-5_9-45-23_No-00
SnapCrab_Football Manager 2016_2016-4-5_9-45-34_No-00
昨年末、月間最優秀選手に選ばれたばかりのMFキャメロンがトレーニング中の負傷により全治11ヶ月……。
彼はレンタル移籍で加入していたが移籍元のBlackpoolの方で治療を行なうとのことで、レンタル移籍が打ち切られることになってしまった。
この2シーズンEastleighに在籍して、67試合に出場、22得点15アシストと活躍してきた選手だったが、最後は申し訳ない結果となってしまった。
彼自身にとっても痛いであろうが、Eastleighにとっても右サイドハーフのレギュラーを失ったことになる。
今季は成長してきている若手で乗り切っていくしかないが、単純に人数面でも薄くなってしまうのでやはり何らかの対応が必要かもしれない。


さて、FAカップ三回戦、West Ham戦である。
試合前から相手チームの監督にバカにされるなど、舐めプ全開で来られたわけだが。
舐めプとは言っても、控えの選手ですらウチの選手とは比較にならないくらいの能力をお持ちであることは言うまでもない。

SnapCrab_Football Manager 2016_2016-4-5_10-5-19_No-00
前半10分、FWコンスタブル先生のシュートが炸裂してEastleighがまずは先制! 1-0
しかし、地力に勝るWest Hamがすぐに同点に追いつく。 1-1
前半は同点のまま折り返したが、後半に入ってWest Hamがアントニオのゴールで勝ち越し。 1-2
諦めないEastleighはまたもFWコンスタブル、今度はクロスに頭で合わせて再び試合を振り出しに戻す。 2-2
追いついたのも束の間、すぐにWest Hamがアントニオの2度目のゴールで2度目の勝ち越し。 2-3
後半43分、さらにWest Hamがが追加点で勝負の大勢が決する。 2-4
それでも直後の後半44分にEastleighは左サイドのMFファニモからのクロスにDFコールソンが飛び込んで反撃。 3-4
SnapCrab_Football Manager 2016_2016-4-5_10-12-42_No-00
SnapCrab_Football Manager 2016_2016-4-5_10-12-51_No-00
残念ながらEastleigh敗れてしまったが、はるか格上のプレミアリーグ所属のWest Hamを相手に健闘はできた。
2万3000人のお客さん(ほぼWest Hamサポーター)の前で堂々たる試合をしてくれた。
SnapCrab_Football Manager 2016_2016-4-5_10-15-35_No-00
SnapCrab_Football Manager 2016_2016-4-5_10-15-53_No-00
多少は相手のリュディ・ガルシア監督の舐めプ状態が改善されたのだろうか。


さて、ターフィー監督就任後としては最大の大一番を終え、敗れたとはいえ自分たちのプレイには自信をつけたEastleigh。
リーグ戦に戻っても良いプレイを続けていきたいところである。
SnapCrab_Football Manager 2016_2016-4-5_10-37-37_No-00
SnapCrab_Football Manager 2016_2016-4-5_10-57-22_No-00
SnapCrab_Football Manager 2016_2016-4-5_11-16-15_No-00
リーグ戦→カップ戦(FAトロフィー)→リーグ戦、と三連勝。
攻撃陣が好調を取り戻してきていて、独走モードに拍車をかけている。

SnapCrab_Football Manager 2016_2016-4-5_11-25-22_No-00
2016_23_Hartley,Jack
そんな中、MFキャメロンのレンタル終了に伴い手薄となっていたMFのポジションを再び無料レンタルで補強。
Accringtonからハートレイ選手を獲得した。

この時期に無料で貸してくれる選手だしバックアッパー程度でも構わないとは思っているが、クロスの精度は高そうなのでウチの戦術上、活躍の場は多いかもしれない。
まあウチにはケガ人もたくさんいるので、少なくともベンチ入り、更には先発出場の機会にも事欠かないと思われる。

無料レンタルでぶっ壊しておいて、また無料レンタルかよ、とか周囲のサッカー関係者には言われてるんだろうな……。

SnapCrab_Football Manager 2016_2016-4-5_11-49-15_No-00
SnapCrab_Football Manager 2016_2016-4-5_12-12-10_No-00
SnapCrab_Football Manager 2016_2016-4-5_12-32-13_No-00
その後も攻守ともに好調を持続してリーグ戦を三連勝。

ということで、1月が終了。
SnapCrab_Football Manager 2016_2016-4-5_12-33-13_No-00
SnapCrab_Football Manager 2016_2016-4-5_12-33-28_No-00
West Ham戦で敗れた以降は連勝。
独走態勢を維持している。

SnapCrab_Football Manager 2016_2016-4-5_12-34-13_No-00
SnapCrab_Football Manager 2016_2016-4-5_12-34-59_No-00
MFファニモが月間最優秀選手を受賞。
そしてターフィー監督も今シーズン三度目の月間監督賞。
 ○ (このクラスでは)選手が優秀。
 ○ (ネットから引っ張ってきた)戦術が優秀。
 ○ その戦術を浸透させてくれてるスタッフが優秀。
というだけなのでなんだか申し訳ない気持ちになる。


さて、そんな浮かれ気分の最中、Eastleighに激震が走る。
SnapCrab_Football Manager 2016_2016-4-5_12-39-26_No-00
移籍期間最終日、DFハーディングに3部Cambridgeからオファーが届いた。
監督としても大いに悩む。

 <移籍反対の要素>
  ○ チームが弱体化するおそれがある。
  ○ チームの中心選手の一人であり、慕っている選手も多い。
 <移籍推進の要素>
  ○ 移籍金は微々たるものだが、そもそも彼のお給料(年俸2,500万円)がクラブ人件費の一割を占めている。
    そして悪化が進行しているクラブ財政。
  ○ 彼自身は上のリーグでプレイしたい願望が強く、契約更新にも応じてくれない。

悩んだ結果、出した答えが……
SnapCrab_Football Manager 2016_2016-4-5_12-41-50_No-00
移籍の受諾であった。

これには選手たちにも動揺が走った。
SnapCrab_Football Manager 2016_2016-4-5_12-42-58_No-00
あらかじめある程度は覚悟していたが、監督に直談判を申し出る者もいた。
そしてそこでの対応を誤った結果……
SnapCrab_Football Manager 2016_2016-4-5_12-44-41_No-01
チーム全体に不協和音が生じる事態となってしまった。
あばばばばばば。
何人かの選手が納得してくれたのが救いか。

SnapCrab_Football Manager 2016_2016-4-5_12-49-5_No-00
SnapCrab_Football Manager 2016_2016-4-5_12-49-17_No-00
SnapCrab_Football Manager 2016_2016-4-5_12-49-24_No-00
最後の最後でEastleighに激震が走ったところで、移籍期間が終了。
5部レベルでは移籍金の発生するような移籍は多くないようで、今回の移籍期間では唯一の有料移籍となった。
当然ながら、トップリーグであるプレミアリーグに目を向けるとその3,000倍くらいの額が飛び交っている。


2017年2月

1月の最後にチーム崩壊のきっかけになり得る出来事が発生したEastleigh。
その影響は、ピッチ上でも表れてしまうのか?

SnapCrab_Football Manager 2016_2016-4-5_13-20-11_No-00
とりあえず、FAカップのWest Ham戦のおかげで財務状態は多少は改善された。
やはり下部クラブにとってはFAカップは一攫千金のチャンスではある。

さて、2月初戦は下部リーグ所属クラブのカップ戦、FAトロフィーの三回戦である。
相手はTamworth。
6部所属ということで格下にあたるクラブである。
SnapCrab_Football Manager 2016_2016-4-5_13-35-58_No-00
SnapCrab_Football Manager 2016_2016-4-5_13-36-2_No-00
2点リードから、守備の要のDFコンロイが負傷退場。
これで形勢が変わったか、2-2の同点に追いつかれてしまってそのまま時間切れ。
再試合となってしまった。

SnapCrab_Football Manager 2016_2016-4-5_13-52-59_No-00
SnapCrab_Football Manager 2016_2016-4-5_13-53-6_No-00
再試合では快勝したものの、FWリーが負傷。
DFコンロイともども、一ヶ月以上の離脱となりそうだ。

SnapCrab_Football Manager 2016_2016-4-5_16-10-3_No-00
SnapCrab_Football Manager 2016_2016-4-5_16-29-20_No-00
その後はリーグ戦に戻って引き分けと勝利と。
Boreham Wood戦は両チームとも警告の応酬となる激しい試合となってしまったが、勝利したことによりリーグ戦での5位以内が確定した。
SnapCrab_Football Manager 2016_2016-4-5_16-29-26_No-00
まあ昇格プレイオフでは一発勝負でやられる可能性もあるので、昇格のためにはここで足を止めることなく優勝を狙っていくしかない。
そして、プレイオフ出場の代償というわけではないだろうが、
SnapCrab_Football Manager 2016_2016-4-5_16-29-23_No-00
FWコンスタブルが負傷。
彼も一ヶ月程度の離脱となってしまった。
少し前のFWリーの離脱と合わせて、本職FWで無事な選手がミッドソンのみとなってしまった。

ここまでの流れとは関係無いが、
SnapCrab_Football Manager 2016_2016-4-5_16-40-50_No-00
高いプロ意識を持つDFターリーに、DFパートリッジの指導を行なってもらっていたが、物別れに終わった模様。
FWコンスタブルがFWリーを指導した時には、リーのプロ意識が増して良い感じになってくれたんだが、まあ失敗することもあるということか。

2月最後の試合はFAトロフィー四回戦、6部所属のAFC Telford Utdとの対戦となった。
SnapCrab_Football Manager 2016_2016-4-5_16-56-52_No-00
この試合、勝利したとはいえ格下相手に危ない場面などもあったりして、内容的には良い試合とは言えない試合であった。

試合終了後のチームトークでそういった点を指摘したところ、
SnapCrab_Football Manager 2016_2016-4-5_17-0-7_No-00
以前からDFハーディングの件で監督に不信感を持っていたMFバージの不満が爆発。
そりゃまあ選手としてのプレイ経験もアマチュアレベル、いまだ指導ライセンス無しの着ぐるみ東洋人にとやかく言われたくないだろうけれども。

そして、再び直接の対話での説得に失敗した結果……
SnapCrab_Football Manager 2016_2016-4-5_17-0-16_No-00
SnapCrab_Football Manager 2016_2016-4-5_17-0-40_No-00
チーム全体の不協和音が大きなものとなってしまった。

これは崩壊への序曲なのか。

それでもピッチ上では結果を残し続けている。
SnapCrab_Football Manager 2016_2016-4-5_17-3-33_No-00
SnapCrab_Football Manager 2016_2016-4-5_17-3-51_No-00
リーグ戦は10試合を残して2位との勝ち点差は25。
もう2勝分の勝ち点を稼ぐことができれば、2位のKidderminsterが勝ち続けていようがそこでEastleighの優勝となる。
また、FAトロフィーも準決勝に進出。
こちらももう1勝で目標達成、2勝で2年連続の優勝となる。

優勝することでチームの不満もふっ飛ぶ、なんていう甘い話にはならないだろうが、それでも多少は改善されるのではないかと信じて最後まで戦っていくしかない。


というところで次回に続きます。
円満に終わるといいな。


 
スポンサーサイト

category: FM16

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。