ちゃーじのFM日記

Football Managerの記録。本物のターフィーくんとも、本物の先代のターフィーくんとも関係ないですゴメンナサイ

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

苦戦と光明と (2018.11-12)  

前回までのあらすじ

サッカーのイングランド5部・Eastleighの監督に就任してもうすぐ丸3年となるターフィー監督。
4シーズン目となる今季は3部に昇格して初のシーズンとなっている。

クラブの赤字解消のため、今季は昇格しながらも大きな補強も無くシーズン開幕を迎え、開幕から3ヶ月が経って上位戦線で健闘している、という状況である。

シーズンは序盤から中盤に入っていく。


 
2018年11月

SnapCrab_Football Manager 2016_2016-4-23_5-33-37_No-00
11月の初戦はFleetwood戦だったが、0-1で敗戦。
これで3戦連続未勝利となってしまった。

続いてはカップ戦、FAカップ一回戦。
こちらがリーグ1(3部)に対して相手は7部ということで、久々の格下相手の対戦となる。
取りこぼしは避けなければならないが、良い気分転換になってくれれば。
SnapCrab_Football Manager 2016_2016-4-23_5-54-26_No-00
ということで今季ここまで出場機会の少なかった選手にも出場機会を与えつつ、快勝。
二回戦への進出を決めた。

続いて別のカップ戦、FLトロフィー。
こちらは南セクションの準々決勝、Exeter City戦である。
SnapCrab_Football Manager 2016_2016-4-23_6-10-37_No-00
ここも快勝。
余談だが、Exeter Cityには日本国籍も持っているサイ・ゴダード君も期限付き移籍で在籍しており、この試合ではMoMに選ばれていた。

SnapCrab_Football Manager 2016_2016-4-23_20-44-24_No-00
SnapCrab_Football Manager 2016_2016-4-24_5-51-31_No-00
リーグ戦に戻って、上位陣であるPortsmouth、Wycombeに連敗。
善戦はしているものの、これでリーグ戦は3連敗、5戦未勝利となってしまった。

SnapCrab_Football Manager 2016_2016-4-24_5-55-48_No-00
SnapCrab_Football Manager 2016_2016-4-24_5-55-56_No-00
ということで11月が終了。
カップ戦だけ勝利しているものの、リーグ戦の方は全敗。
順位の方も12位に急降下してしまった。
立て直したいところだが、戦術的な引き出しは持っていないターフィー監督、さあどうするか。


2018年12月

12月に入った。
月が替わればツキが変わる、などという言葉もあるが、そうそう上手く行くものでもあるまい。
一応、この状況下で戦術の引き出しを持たないターフィー監督ができる、監督っぽい業務を行なってみる。
SnapCrab_Football Manager 2016_2016-4-24_5-56-41_No-00
うむ、今季はちゃんと、選手たちからも支持されている気がする。
チームミーティングは多用はできないが、たまにこうやって選手を励まして士気を揚げていくことで悪い状況を打破できるかもしれない。

SnapCrab_Football Manager 2016_2016-4-24_6-7-35_No-00
15位のLeyton Orientにも惜敗。
苦境が続く。
SnapCrab_Football Manager 2016_2016-4-24_6-7-45_No-00
とうとうサポーターからもターフィー監督の工夫の無さに批判が出る始末。

今や気分転換の場となったカップ戦。
FAカップ二回戦のNewport County戦である。
SnapCrab_Football Manager 2016_2016-4-24_6-27-27_No-00
相手は4部所属ではあるが、舐めプして負けるのも馬鹿らしいので全力で臨んで勝利。
なお、スクリーンショットを取り忘れたが、三回戦の相手はLiverpool に決まった。
FAカップ三回戦は毎度プレミアリーグ相手(3年連続3回目)なのだが、そんな縛りがあるのだろうか。

もう一つ勝ち残っているカップ戦、FAトロフィーの方は南セクション準決勝、Dag & Red戦。
SnapCrab_Football Manager 2016_2016-4-25_2-30-42_No-00
こちらも相手は4部所属だが、手を抜くことなく(ただし疲労がたまっている選手は休ませつつ)試合に臨んだ。
結果、快勝。
やはり格下相手には普通に勝てる。
リーグ戦で勝てないのは純粋に相手との実力差ということなのだろうか。

SnapCrab_Football Manager 2016_2016-4-25_2-47-46_No-00
リーグ戦に戻って、Preston戦でようやく連敗を脱出。
アウェイで1万人以上の観客の前で堂々たる試合をしてくれた。
勝てる時はこんなものかもしれない。

SnapCrab_Football Manager 2016_2016-4-25_3-6-14_No-00
快勝の流れに乗っていきたいところだったが、試合序盤にMFフィリップスが退場となり数的不利での戦いを強いられることになってしまった。
その後、特に守備陣の頑張りによりスコアレスドローに持ち込むことはできたが、もったいない試合となってしまった。
SnapCrab_Football Manager 2016_2016-4-25_3-6-57_No-00
SnapCrab_Football Manager 2016_2016-4-25_3-6-54_No-00
MFフィリップスの出場停止に加え、DFコールソンが一ヶ月程度の離脱。
苦しい状況が続くことになってしまった。

SnapCrab_Football Manager 2016_2016-4-26_6-21-45_No-00
SnapCrab_Football Manager 2016_2016-4-26_6-22-54_No-00
Rochdale戦は、ウチらしい殴り合いの末に勝利。
しかし、FWカルバート・レウィンが負傷離脱。
新加入の今季、シーズン序盤のエース不在の状況を支えてくれた選手だっただけに、早期の復帰が望まれる。

SnapCrab_Football Manager 2016_2016-4-26_6-54-29_No-00
年内最終戦は、FWカルバート・レウィンの離脱によってエースストライカーとしての重責がさらに高まったFWコンスタブルの得点もあって勝利。
苦しい時期もあったが、2018年を良い形で締めくくることができた。

SnapCrab_Football Manager 2016_2016-4-26_10-16-8_No-00
SnapCrab_Football Manager 2016_2016-4-26_10-16-16_No-00
カップ戦での格下相手の連勝の勢いに乗って、12月後半はリーグ戦も好調。
一気に6位まで浮上した。
とはいえ、16位まで勝ち点差3という、大混戦の状況である。


そのころ世界では
SnapCrab_Football Manager 2016_2016-4-26_10-16-33_No-00
バロンドールはChelseaのアザールが獲得。
クラブでの活躍に加え、ベルギーのワールドカップ優勝にも貢献したことが評価されたようだ。
ここまで3年連続で受賞していたメッシは今年は3位だった。
SnapCrab_Football Manager 2016_2016-4-26_10-18-25_No-00
世界年間ベスト11も発表された。
筆者がそんなにサッカーに詳しくないので論じることができないが、この箱庭だとこの選手が活躍してるんだな、程度に思っていただければ。


ということで2018年はこれで終了。
2019年のことはまた次回です。


 
スポンサーサイト

category: FM16

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。