ちゃーじのFM日記

Football Managerの記録。本物のターフィーくんとも、本物の先代のターフィーくんとも関係ないですゴメンナサイ

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

手探りの序盤 (2021.08)  


前回までのあらすじ

勢いでイングランドのクラブEastleighの監督を辞任したターフィー監督。
イギリス海峡を渡ってたどり着いた花の都・パリ。
フランスのトップリーグ、リーグ・アンに所属する「弱い方のパリ」ことパリFCの監督に就任した。

パリFCの監督就任後初めてのシーズン、それは監督生活初のトップリーグでの指揮となる。
下馬評では苦戦が予想されているが、その戦いぶりやいかに。


 
2021年8月

SnapCrab_Football Manager 2016_2016-6-2_8-9-29_No-00
初戦の相手はトゥールーズである。
ここ数年は中位と下位を繰り返しながらも、長い間リーグ・アンに残留し続けているクラブだ。
この一戦の結果次第で、今季の目標である「残留」が実現可能か否かの試金石ということになるだろう。

試合は序盤にMFベルテロのゴールで先制、幸先の良いスタートを切る。
しかし、すぐに追いつかれてしまう。
その同点ゴールがこちら。
SnapCrab_Football Manager 2016_2016-6-2_12-20-46_No-01
えっ!?

SnapCrab_Football Manager 2016_2016-6-2_12-23-41_No-00
香川さんフランスで何してはるんですか!
ドイツ・ブンデスリーガで5連覇中のドルトムントで世代交代の波に押されて出場機会が減っていたところで、今季よりフランスのトゥールーズに自由移籍。
チームの中心選手と目されているようである。
このたびターフィー監督と同様にフランスでの初戦を迎えていたが、移籍後初ゴールを献上してしまった。

SnapCrab_Football Manager 2016_2016-6-2_12-27-38_No-00
試合の方はその後も点を取り合ってドロー。
初戦から勝利というわけにはいかなかったが、勝ち点を取ることはできた。
とりあえずは地道にやっていくしかないだろう。
あとは戦術浸透度がまだまだなので、その部分での伸びしろを成績に繋げられるかどうか。

SnapCrab_Football Manager 2016_2016-6-2_16-33-37_No-00
クラブの営業担当からシーズンチケットの売り上げが発表された。
今季から就任したターフィー監督は何の貢献もしていないが、リーグ・アン昇格に伴って売り上げ枚数が3倍に増加。
来季以降もこれ以上の水準を保っていかなければなるまい。

SnapCrab_Football Manager 2016_2016-6-2_17-4-28_No-00
LOSCリール戦はボロ負け。
Lilleは毎年そこそこ上位にいるクラブとはいえさすがに四強よりは落ちるはずだが、その相手にボロ負けということで先行きは不安である。

SnapCrab_Football Manager 2016_2016-6-2_17-20-39_No-00
リーグ戦3試合目のモンペリエ戦で待望の初勝利!
FWカマラ、MFベルテロといった、点を取ってほしい選手たちがきっちりと得点してくれた。

白星を挙げることもできて、ようやく今後の見通しが明るくなったかと思いきや
SnapCrab_Football Manager 2016_2016-6-2_17-25-34_No-00
MFベルテロがビッグクラブへの移籍の希望を表明。
とりあえずは「評価額に見合ったオファーが来たら行かせるわー」と口約束。
このあとDFママドゥ・ンジャイも同様の希望を持ちかけてきた。
正直言って二人それぞれ抜けられるとかなり痛い選手なんだが……。
「妥当なオファー」なるものが来ないことを祈ろう……。

SnapCrab_Football Manager 2016_2016-6-2_22-30-8_No-00
SnapCrab_Football Manager 2016_2016-6-2_22-31-14_No-00
SnapCrab_Football Manager 2016_2016-6-2_23-7-10_No-00
その後はロリアン、AJオセールを相手に連続ドロー。
負けなかったとはいえ、両クラブとも中位~下位が予想される相手だけに一つでも勝っておきたかった。
なお、ロリアン戦で開幕4試合目にして早くもDFママドゥ・ンジャイが累積警告による出場停止。
今後もこの「最近10試合中3回のイエローカードで次節出場停止」は多発すると思われる。

SnapCrab_Football Manager 2016_2016-6-6_2-49-25_No-00
ということで最初の一ヶ月が終了。
1勝3分1敗ということで勝ちきれない試合も多いが、勝ち点を拾ってはいるのでその点を前向きに捉えて今後も戦っていくしかない。
ホームは20,000人収容のスタジアムに19,000人超のお客さんが毎試合来てくれている。
人気というよりは首都パリという立地の良さだろうけど、本拠地のポテンシャルが高いというのは単純に嬉しい点である。

SnapCrab_Football Manager 2016_2016-6-6_2-49-32_No-00
現在は20チーム中12位。
上位ではパリ・サンジェルマン、トロワ、リヨンあたりが好スタートを切っている。

SnapCrab_Football Manager 2016_2016-6-6_2-50-10_No-00
さて、夏の移籍期間が終了。
SnapCrab_Football Manager 2016_2016-6-6_2-50-12_No-00
リヨンで才能が開花したFWババカルがマンチェスター・シティにお買い上げされていった。
あとはMFディオゴ・ジョッタ、MFプリシッチをお買い上げになるパリ・サンジェルマン。
その二人、ポジション的にカブってるようなので一人ください、と言いたい。

SnapCrab_Football Manager 2016_2016-6-6_2-50-15_No-01
移籍期間終了後の人件費であるが、やはり昇格組の3クラブが下位を独占。
中でも我らがパリFCが10億円に満たない金額となっており最下位である。
隣(PSG)は30倍近いというのに……。

SnapCrab_Football Manager 2016_2016-6-6_2-53-11_No-00
SnapCrab_Football Manager 2016_2016-6-6_2-53-14_No-00
ビッグクラブへの移籍の希望を表明していたMFベルテロとDFママドゥ・ンジャイは結局はオファーが無かったために和解。
とりあえずはめでたしめでたし。

SnapCrab_Football Manager 2016_2016-6-6_2-51-5_No-00
ジョーカー移籍制度という、国内からの移籍1件のみ認められる期間に入った。
まあ今のところ緊急補強の予定はナシ。


というところで今回はここまで。
次回以降、リーグ・アンでの戦いが本格化していくと思われます。


 
スポンサーサイト

category: FM16

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。