ちゃーじのFM日記

Football Managerの記録。本物のターフィーくんとも、本物の先代のターフィーくんとも関係ないですゴメンナサイ

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

野戦病院 (2022.08-10)  


前回までのあらすじ

フランスのトップリーグ、リーグ・アンの「弱い方のパリ」、パリFCの監督に就任して2年目のシーズンを迎えたターフィー監督。
1年目は降格濃厚という前評判を覆して1ケタ順位の9位で戦い抜いたが、躍進の立役者の一人であるMFベルテロを放出。
目玉と言えるような補強は無い中で、2年目のシーズンが幕を開ける。


 
2022年8月

ということで戦力的には昨季と同レベル、もしくは少し弱体化したのではないかと思われるパリFC。
今季、我々が出場する各大会、そして理事会からのノルマは以下のようになっている。
SnapCrab_Football Manager 2016_2016-6-17_0-2-2_No-00
SnapCrab_Football Manager 2016_2016-6-17_0-2-13_No-00
まずはリーグ戦、フランスのトップリーグであるリーグ・アンである。
昨季は20クラブ中9位に入ったが、それでも今季のノルマは「降格回避」。
正直言って開幕してみないと分からない部分があるので何とも言えないが。
SnapCrab_Football Manager 2016_2016-6-17_0-2-13_No-01
カップ戦その1、クープ・ドゥ・フランス。
プロ、アマ含めた多数のクラブが参加する、イングランドのFAカップや日本の天皇杯のようなカップ戦である。
リーグ・アン所属のパリFCは九回戦からの参加となり、一つ勝って十回戦に進出すればとりあえずのノルマ達成となる。
一発勝負のカップ戦は格下相手に敗退してしまう可能性もあるが、逆にビッグクラブに一泡吹かせるチャンスでもあるので積極的に狙っていきたい。
SnapCrab_Football Manager 2016_2016-6-17_0-2-13_No-02
もう一つのカップ戦、クープ・ドゥ・ラ・リーグはリーグ・アン(1部)~ナシオナル(3部)のクラブが参加するカップ戦である。
三回戦から出場予定とのことだが、ノルマの方が昨年と同様に三回戦進出ということで既に達成済みということになる。

今季出場予定の大会は以上となる。

SnapCrab_Football Manager 2016_2016-6-17_0-2-20_No-00
大会関連のチームへのボーナスは例年同様、通常の額を設定した。

なお、メディアによるリーグ・アンの優勝予想は以下のようになっている。
SnapCrab_Football Manager 2016_2016-6-17_0-21-26_No-00
相変わらずパリ・サンジェルマン、ASモナコ、リヨン、マルセイユの4強という予想はいつもどおり。
まあ昨季も最終的には上位4チームは上記の4つだったし。
そして我らがパリFCはASナンシー、シャモア・ニオールと並んで降格候補という予想となっている。
リーグ・ドゥからの昇格組であるスタッド・ランスやOGCニースよりも低いというのは実にナメられたもんだと思うが、その辺は試合を通して実力を見せていくしかない。

SnapCrab_Football Manager 2016_2016-6-17_0-7-52_No-00
シーズン開幕を前にシーズンチケットの発売状況について営業担当より報告が上がってきた。
昨季一年間リーグ・アンで戦い抜いたことで多少は売れ行きも良かった模様。

SnapCrab_Football Manager 2016_2016-6-17_0-19-56_No-00
今季の選手たちの中ではトップクラスの実力を持っているDFママドゥ・ンジャイにポルトガルのSCブラガから移籍オファーが来た。
MFベルテロを放出した現状で彼も放出するわけにはいかないので、オファーを拒絶。
SnapCrab_Football Manager 2016_2016-6-17_0-20-16_No-01
まあCL、ELに出たいと言われては返す言葉が無いので、問題をこじれさせないために口約束。
この移籍期間中にさらなるオファーが来ないことを祈りつつ、である。


そしてリーグ戦が開幕。
初戦はパリFCと同様に降格濃厚と予想されているシャモア・ニオールとの戦いとなる。
SnapCrab_Football Manager 2016_2016-6-17_0-33-58_No-00
SnapCrab_Football Manager 2016_2016-6-17_0-34-5_No-00
結果はスコアレスドロー。
得点力不足が露呈した内容となってしまった。
そしてMFベルテロの代わりとしてレンタルで獲得したMFトスカニーニがいきなり負傷で一ヶ月半の離脱である。
右サイドMFのバックアップのルフェーブルは能力的に不安だが、しばらくは彼を起用して乗り切っていくしかない。

SnapCrab_Football Manager 2016_2016-6-22_19-18-54_No-00
SnapCrab_Football Manager 2016_2016-6-22_19-41-33_No-00
ホーム開幕戦のジロンダン・ボルドー戦はドロー、続いてのトロワ戦は惨敗。
今季初勝利が遠い。

SnapCrab_Football Manager 2016_2016-6-22_19-45-33_No-00
そんな中、前向きなニュースがあった。
MF西原が初めて日本のA代表に選出されて親善試合に出場。
SnapCrab_Football Manager 2016_2016-6-22_19-46-35_No-00
パリFCでもチーム成績がアレだが、西原個人としては開幕から2試合連続でマン・オブ・ザ・マッチを獲得し好調。
今後もクラブチーム、ナショナルチームの両方で成長、活躍していってくれれば。

といったところで8月の公式戦が終了。
SnapCrab_Football Manager 2016_2016-6-22_20-19-33_No-00
SnapCrab_Football Manager 2016_2016-6-22_20-19-41_No-00
まだ順位を気にしても仕方ないとはいえ、降格圏ギリギリの17位でのスタートとなった。
まだまだ巻き返すための時間はあるが、いわゆるビッククラブとはまだ当たっていない段階でこの調子では先行き不安である。

SnapCrab_Football Manager 2016_2016-6-22_20-6-7_No-00
SnapCrab_Football Manager 2016_2016-6-22_20-6-10_No-00
チームへのテコ入れの一環として、エジプトのENPPIを退団して無所属となっていたエジプト人の守備的MFファルークを獲得。
先のワールドカップでのエジプトのベスト4入りにも貢献した、中盤でのボール狩りタイプの選手だ。

SnapCrab_Football Manager 2016_2016-6-22_20-10-10_No-00
その一方で、人数的にダブついていたセンターバックのうちの一人、DFカステッリをレンタルで放出。
経験を積んで成長して帰ってきてほしいところだが。

SnapCrab_Football Manager 2016_2016-6-22_20-17-30_No-00
というところで夏の移籍期間終了。
SnapCrab_Football Manager 2016_2016-6-22_20-17-36_No-00
ASモナコのペニャランダがACミランに移籍、というのが今回の最高額の移籍となった。
その他、パリ・サンジェルマンがマンチェスター・シティを相手にトレードみたいな前線の選手の交換を行なっている。

SnapCrab_Football Manager 2016_2016-6-22_20-22-16_No-01
今回の移籍期間を終えての各クラブの人件費がこちらである。
イングランド・Eastleigh時代も含めてここ数年間、指揮を執るクラブの人件費は常にリーグ最下位だったが、今季は下から2番目。
とはいえトップのパリ・サンジェルマンはいまだ我々の20倍というこっぴどい格差社会であるが。
同じパリ在住なのに……。

SnapCrab_Football Manager 2016_2016-6-22_20-29-42_No-00
なお、移籍期間中にオファーが来なかったためにDFママドゥ・ンジャイの移籍希望は取り下げとなった。
助かった……。
SnapCrab_Football Manager 2016_2016-6-22_20-29-46_No-00
また、MFベルテロの放出などのチームの強化方針に疑念を抱いていたMFリックソンも懸念を取り下げ。
右サイドMFトスカニーニのレンタル獲得や、守備的MFファルークの獲得などの動きに対して理解を示してくれたようだ。


2022年9月

選手の不満も無くなったところで、チーム一丸となって出遅れを取り戻そうとした矢先に……
SnapCrab_Football Manager 2016_2016-6-22_20-36-37_No-00
SnapCrab_Football Manager 2016_2016-6-22_20-37-42_No-00
FWオラニエ、DFベランカデムが相次いで全治半年近い重傷。
どちらもバリバリのレギュラーではないものの、貴重なバックアップ要員と考えていた選手達だけに厳しい。
早速、レンタルに出したDFカステッリを呼び戻したいところであるが、残念ながら移籍期間は終了している。
タイミングが悪すぎる……。

SnapCrab_Football Manager 2016_2016-6-24_5-32-38_No-00
そんな中、スタッド・ブレスト戦で待望の今季リーグ戦初勝利。
大量5得点は勝ちきれない他の試合に回したいよね、というサッカーあるある。

SnapCrab_Football Manager 2016_2016-6-24_5-57-59_No-00
しかし続いてのASナンシー戦は一時は同点に追いつきながら惜敗。
相手のASナンシーは今季の昇格組で資金面でも小規模のクラブながらここまで好調のようだ。
羨ましいというか見習いたいというか。

SnapCrab_Football Manager 2016_2016-6-27_21-55-59_No-00
SnapCrab_Football Manager 2016_2016-6-27_21-56-10_No-00
開幕2試合目以降、ずっと複数失点が続いていたが、FCロリアン戦はウノゼロで久々に完封勝利。
しかし右サイドハーフのバックアッパーのDFルフェーブルが負傷。
元々レギュラーのMFトスカニーニが復帰できそうな矢先の出来事で、どんどん控え選手の層が薄くなってゆく……。

SnapCrab_Football Manager 2016_2016-6-27_22-18-33_No-00
そしてマルセイユには普通に力負け。
前半はスコアレスで折り返したものの、徐々に相手ペースになっていってしまった。

SnapCrab_Football Manager 2016_2016-6-27_22-54-28_No-00
ということで9月は勝ったり負けたりという結果となった。
勝ち点が多少は取れている、という点はプラス材料かもしれない。
SnapCrab_Football Manager 2016_2016-6-27_22-54-34_No-00
その勝ち点のおかげで中位のダンゴ状態に食らいつくことができた。
最初の一ヶ月の絶望感に比べればかなりマシになっているように思われる。
内情としては、ケガ人多発でボロボロの状態ではあるのだけれど。


2022年10月

SnapCrab_Football Manager 2016_2016-6-27_23-13-15_No-00
SnapCrab_Football Manager 2016_2016-6-28_7-5-31_No-00
SnapCrab_Football Manager 2016_2016-7-5_21-24-58_No-00
「2失点しちゃう病」に罹患しつつ、負けたり勝ったり引き分けたり。
ただ、強豪ASモナコを相手に終盤までリードしていた試合などは内容も良かった。
試合終盤の84分に追いつかれてしまったが、健闘した部類には入るだろう。
SnapCrab_Football Manager 2016_2016-7-5_21-25-42_No-00
SnapCrab_Football Manager 2016_2016-7-5_21-25-45_No-00
まあ、健闘の代償が大きすぎると思うんだが……。
ここまでチームMVP級の活躍を見せていたMF西原、右サイドバックで攻守両面でのキーマンの一人であるDFママドゥ・ンジャイの二人がASモナコ戦で負傷。
どちらも一ヶ月程度で復帰できそうではあるが、台所事情としてはかなり厳しいと言わざるを得ない。
とりあえず早く時間が過ぎてほしい。

そんな苦しいやり繰りの最中ではあるが、
SnapCrab_Football Manager 2016_2016-7-5_21-27-22_No-00
SnapCrab_Football Manager 2016_2016-7-5_21-28-6_No-00
理事会から2年間の契約延長のオファーをいただいた。
パリFCではなかなか目立つ結果を残せていないターフィー監督だが、理事会としては降格回避をしている戦いぶりを評価している模様。
今季いっぱいで辞めたところで、より大きなクラブから声が掛かるような実績も無い、という消極的な理由もあるがオファーを受諾。

SnapCrab_Football Manager 2016_2016-7-5_21-46-56_No-00
SnapCrab_Football Manager 2016_2016-7-5_21-46-59_No-00
リーグ戦から離れてカップ戦で心機一転、ということで臨んだリーグカップ初戦だったが相変わらずの2失点で敗戦。
守備の構築には全く実績のないターフィー監督、苦境である。

そんな監督だが、前向きな話題が。
SnapCrab_Football Manager 2016_2016-7-6_18-20-59_No-00
ターフィー監督、かねてより受講中であった国際Aライセンスを取得することに成功。
SnapCrab_Football Manager 2016_2016-7-6_18-23-1_No-00
SnapCrab_Football Manager 2016_2016-7-6_18-23-8_No-00
そして最終段階である、国際プロライセンスの講習の受講についても理事会が後押ししてくれた。

SnapCrab_Football Manager 2016_2016-7-6_19-21-35_No-00
10月最後の試合となったモンペリエ戦は1-1のドロー。
どちらかというと終盤に失点してガッカリすることの多いパリFCだったが、この試合は終盤に追いついてドローに持ち込むことができた。

SnapCrab_Football Manager 2016_2016-7-6_19-26-44_No-00
10月が終了。
全ての試合で得点し、そして失点した。
健闘はしてるんだが……。
SnapCrab_Football Manager 2016_2016-7-6_19-26-55_No-00
10月終了時点の順位は12位と、前月から大きな変化は無し。
上位陣はASモナコ、リヨン、パリ・サンジェルマンらの中で今季昇格したASナンシーが4位と、低評価を覆す戦いを見せている。
中位は我々パリFCも含めてダンゴ状態。
下位の残留争いはOGCニースがいまだ勝ち星なしと苦しんでいる。
モンペリエ、ロリアン、トロワあたりも今季は出遅れているが、巻き返しはあるのか。

最後に、
SnapCrab_Football Manager 2016_2016-7-6_19-57-38_No-00
昨シーズン終了後にお願いしてたトレーニング施設の増強が完了。
すぐに結果に結びつくわけではないだろうけど、クラブの長期的な強化になるといいな。


というところで今回は終了。
次回からリーグ戦は中盤戦に入っていきます。


 
スポンサーサイト

category: FM16

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。