ちゃーじのFM日記

Football Managerの記録。本物のターフィーくんとも、本物の先代のターフィーくんとも関係ないですゴメンナサイ

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

爆発と冷却の攻撃陣 (2023.08-10)  


最近は屋外を徘徊して某モンスターをゲットしたり、近所の小さな寺社仏閣を巡ってボールを入手したりしてます。
自宅の目の前のジムにいるプレーヤーさんが強すぎます。
たぶん近所に廃人級のトレーナーさんがいるのでしょうw


前回までのあらすじ

フランスのトップリーグ、リーグ・アンの「弱い方のパリ」、パリFCの監督に就任して3年目のシーズンを迎えたターフィー監督。
今季はクラブ史上初のUEFAヨーロッパリーグ出場もひかえているものの、人件費の問題もありなかなか選手層が厚くならないままシーズン開幕を迎えることとなった。


 
2023年8月

ターフィー監督とパリFCが挑む新たなシーズン。
今季、出場予定の大会、そして理事会から課せられているノルマは以下のとおりである。
SnapCrab_Football Manager 2016_2016-7-14_21-11-10_No-00

まずは国内リーグ戦、フランスのトップリーグのリーグ・アンである。
ターフィー監督の就任後、2年連続で降格候補と見られながらも9位→4位という結果を残してきた。
SnapCrab_Football Manager 2016_2016-7-14_21-11-20_No-00
SnapCrab_Football Manager 2016_2016-7-14_21-11-21_No-00
この2年続けて実績を残したことによりメディアの優勝予想オッズも中位レベルまで上昇。
また、理事会からのノルマは「上位半分」ということで降格回避が目標だったここ2年よりもかなりハードルが上がっている。

続いてはクラブ史上初出場となるヨーロッパリーグ。
ノルマは「グループステージ出場」だが、昨季の結果によりパリFCはグループステージからの登場となるので、例によって目標達成済みということになる。
SnapCrab_Football Manager 2016_2016-7-14_21-11-15_No-00
この手の大陸間大会にはつきもののホームグロウンプレイヤー枠は今季のトップチームはクリアしている。
ただ、今後もこういった大会に継続的に出場していきたいと考えると、ユース組織の強化や青田刈りなども必要となってくるだろう。

SnapCrab_Football Manager 2016_2016-7-14_21-11-10_No-01
続いては国内のカップ戦。

まず一つめは、クープ・ドゥ・フランス。
プロ、アマ含めた多数のクラブが参加する、イングランドのFAカップや日本の天皇杯のようなカップ戦である。
リーグ・アン所属のパリFCは九回戦からの参加となり、昨季よりはハードルが上がって二回勝てばノルマ達成となっている。

もう一つのカップ戦、クープ・ドゥ・ラ・リーグはリーグ・アン(1部)~ナシオナル(3部)のクラブが参加するカップ戦である。
四回戦から出場予定ということで、こちらは一回勝つことでノルマ達成となる。
パリFCの監督となって2年、カップ戦ではろくでもない成績ばかりなのでそろそろ結果を残したい。

今季出場予定の大会は以上となるが、いずれも昨季よりはハードルが少しずつ上がっている。
人件費予算ほとんど上がってないのに。

SnapCrab_Football Manager 2016_2016-7-14_21-11-22_No-00
各大会の優勝ボーナスは例によって通常の額で。
高額のニンジンをぶら下げたらどうなるのか、いまだ試行できるような金満クラブに就任していないのでよくわからない。

そんなわけで、シーズンが開幕した。

SnapCrab_Football Manager 2016_2016-7-14_21-25-40_No-00
開幕初戦はトゥールーズ戦。
思えば2年前のリーグ・アン初戦の相手でもあったが、感慨にふけっていても仕方ない。
なお、あのMF香川真司もまだトゥールーズに在籍しているが、若手に押されてベンチに追いやられて今季終了後に引退する模様。
試合の方は4-1で快勝。
例年、スタートはそれほど良くなかったが、今季は良い滑り出しとなった。

SnapCrab_Football Manager 2016_2016-7-15_4-54-48_No-00
営業部よりシーチケ発売状況についての報告が上がってきたが、そんなに増えてない……。
昨季は成績も良かったのでもう少し増えてほしかったのだが。

SnapCrab_Football Manager 2016_2016-7-15_5-15-3_No-00
そんな中、次々と舞い来るレギュラー陣への移籍オファーを華麗にお断りし続けていたところ、遂にMFファルークがシャフタール・ドネツクからのオファーを断った件について不満を訴えてきた。
守備的MFとしてチームの要となる活躍を期待している選手ではあるが、さすがに不満を爆発させてしまっては本人のパフォーマンス的にもチーム全体としても厳しくなってしまう。
次に高額のオファーが来るようであれば泣く泣く売却することも考えなければならない。

SnapCrab_Football Manager 2016_2016-7-15_5-32-55_No-00
続いてのジロンダン・ボルドー戦は終盤の失点で敗退。
そうそううまく連勝スタートとは行かなかった。
SnapCrab_Football Manager 2016_2016-7-15_20-32-30_No-00
加入2戦目にしてDF酒井高徳が試合中に負傷してヒヤリとしたが、長期の離脱には至らず何よりである。
移籍金ゼロとはいえ、年俸自体はチーム内では高めの選手だし出来る限り活躍していただきたい選手だけに。

SnapCrab_Football Manager 2016_2016-7-15_20-47-1_No-00
SnapCrab_Football Manager 2016_2016-7-15_21-17-17_No-00
リーグ・ドゥからの昇格(復帰)組のサンテティエンヌ、AJオセール相手に連勝。
どちらも下位が予想されているクラブだが、きっちりと勝ち点3を取れたのは大きい。

SnapCrab_Football Manager 2016_2016-7-15_21-40-21_No-00
MFファルークの移籍問題だが、再度シャフタール・ドネツクからオファーが来てしまったため移籍金を精一杯ふんだくって売却。
昨季の今頃の時期にフリーで獲得した選手が一年で14億円で売却できたのでビジネスとしては成功なのかもしれないが、チームとしては普通に痛い。
代わりの選手を探さなければならない、ということで……。

SnapCrab_Football Manager 2016_2016-7-15_21-41-55_No-00
まずはリスクの少ない補強手段として、アトレティコ・マドリードから期限付き移籍でMFピネイロを獲得。
2023_25_Pinheiro,Rui
各種メディアでは「ワンダーボーイ」と称される、ポルトガル出身の19歳である。
中盤のプレイメーカータイプの選手で、足元の技術や視野の広さに優れている。
選手として完成するのはまだまだ先になるだろうが、とりあえず今季はこのパリFCで頑張ってもらいたい。
そしてゆくゆくは「ピネイロはワシが育てた」って言いたい。

今回移籍したMFファルークは中盤の底でのボール狩りタイプの選手で、獲得したMFピネイロとはタイプが異なるので、改めてボール狩り、汗かき屋タイプの選手も探す必要があるだろう。
まずは今のチームにいるセンターハーフ勢のMFセリ、MFリックソンと今回獲得したMFピネイロで2つのポジションをローテーション的に起用していくことになるだろうけれど。

SnapCrab_Football Manager 2016_2016-7-16_5-26-47_No-00
ということで8月の公式戦が終了。
下位が予想されているクラブとの対戦が多かったとはいえ、3勝1敗ということで勝ち点を稼ぐことができた。
SnapCrab_Football Manager 2016_2016-7-16_5-27-0_No-00
3年目にして初めて好スタート。
まあ4試合だけしか消化していないので順位表を気にしても仕方ないのだが。

SnapCrab_Football Manager 2016_2016-7-16_5-31-22_No-00
移籍期間終了間際にDFエルブアザティがトルコ1部のアダナスポルへ移籍。
センターバックの控えでさらに若い選手も育ってきたために、彼の出場機会増加の要望に応えられそうにない状況となっており、移籍金1億円という好条件のオファーに乗ることとした。

SnapCrab_Football Manager 2016_2016-7-16_5-25-50_No-00
ということで移籍期間が終了。
SnapCrab_Football Manager 2016_2016-7-16_5-26-0_No-00
2年前にパリ・サンジェルマンに移籍金9億円弱で加入したブラジル人MFアルツールが、72億円でドイツのシャルケに移籍。
お隣さん商売上手すぎワロエナイ。
元手がいる商売なのでなかなか真似できないが。

SnapCrab_Football Manager 2016_2016-7-17_21-27-12_No-00
移籍期間を終え、現在の各クラブの人件費はこのようになっている。
相変わらずの格差社会である。
この状況で上位半分の順位に入るようノルマを課すパリFC理事会の鬼畜さがどれほどのものか、少しでも伝わったらいいなと思う。

SnapCrab_Football Manager 2016_2016-7-16_5-23-0_No-00
さて、ヨーロッパリーグ・グループステージ出場を前に賞金を獲得。
SnapCrab_Football Manager 2016_2016-7-16_5-35-21_No-00
そしてグループステージの組み合わせが決定された。
初戦の相手はイングランド・エヴァートンである。
率直に言って楽な相手ではない。
まあ出場クラブの中で我々にとって「楽な相手」がいるのかどうかも疑わしいが。
SnapCrab_Football Manager 2016_2016-7-16_5-35-10_No-00
その他、同組にはウクライナのドニプロ、デンマークのFCコペンハーゲンが入った。
クラブの強さの比較がよくわからないので、一戦必勝の気概で戦っていくしかない。


2023年9月

SnapCrab_Football Manager 2016_2016-7-16_5-58-52_No-00
9月初戦、スタッド・ランス戦も快勝。
8月の良い流れをそのままに、9月も好スタートを切った。

しかし……、
SnapCrab_Football Manager 2016_2016-7-17_21-49-23_No-00
昨季途中の加入以来、活躍を見せていたFWポルサン・クレメンテが待遇の改善を要求してきた。
いや、確かに活躍してくれてはいる。
今はバックアッパー契約だが大半の試合に出ているし、それを契約に反映させてもらいたいという気持ちはわかる。
ただ、3年半の契約の中でお前まだ半年足らずしか働いてないやん。
何でバックアッパー契約からいきなりキープレイヤー契約「のみ」しか認めないとかいう要求出して来とんねん。
SnapCrab_Football Manager 2016_2016-7-17_21-49-25_No-00
そういった思いで彼との面談に臨んだが、交渉は決裂。
SnapCrab_Football Manager 2016_2016-7-17_21-49-27_No-00
エースストライカーと目されている選手が不満を抱える状況となってしまった。
どうしてこうなった。

SnapCrab_Football Manager 2016_2016-7-17_22-15-34_No-00
そんな選手を1トップとして起用した結果、本来のパフォーマンスを発揮できずに無得点。
もちろん彼一人の問題ではないのだろうが。

チーム内ににわかに暗雲が垂れ込めてきたタイミングで、ヨーロッパリーグのグループステージが開幕。
初戦はイングランドのエヴァートン戦である。
SnapCrab_Football Manager 2016_2016-7-17_22-30-50_No-00
前の試合と同じく無得点に終わり、敗戦。
ただ、試合内容そのものは悲観する内容ではなかったように思われる。

SnapCrab_Football Manager 2016_2016-7-18_16-34-1_No-00
そして昨季も優勝している強豪ASモナコ相手にアウェイで普通に勝利。
モナコは他の強豪相手の時と比べると、以前から相性は良い。
理由はわからない。

SnapCrab_Football Manager 2016_2016-7-18_16-59-41_No-00
SnapCrab_Football Manager 2016_2016-7-18_17-24-22_No-00
その後も好調を維持し、特にFWカマラが爆発。
昨季の開幕時にはレギュラーだったものの、昨季後半以降はFWポルサン・クレメンテの台頭により影が薄くなっていた。
そのFWポルサン・クレメンテが先日の件で先発メンバーを外れている隙に活躍して復権を狙う、という良い競争が行なわれている。

SnapCrab_Football Manager 2016_2016-7-18_17-29-48_No-00
チームは好調をキープし、特にリーグ戦では5戦で4勝1分と無敗で乗り切った。
SnapCrab_Football Manager 2016_2016-7-18_17-29-59_No-00
現時点での順位はなんと1位!
初秋の珍事である。
特に攻撃陣が好調で(無駄に)点を取りまくっていて、現時点での得失点差は+20。
まあ序盤は対戦相手に恵まれていた部分も多々あったり、こちらは昨年と戦術も選手の出入りも変更が無いので戦術浸透度や連携が高かったりと、この珍事の理由はある程度は想定されたものではある。
この流れでシーズン終盤まで踏みとどまることができればいいが……。
2位以下には強豪がひしめいており、中でも2位はパリ・サンジェルマン。
3位ASモナコ、4位オリンピック・マルセイユも含め、優勝争いの常連組がひしめいている。


2023年10月

10月初戦はヨーロッパリーグのグループリーグ第2節、FCコペンハーゲン戦。
デンマークの首都、コペンハーゲンには初上陸となる。
SnapCrab_Football Manager 2016_2016-7-18_17-49-6_No-00
終始、押し気味に試合を進めていたものの前半は0-0で終了。
後半開始早々に先制を奪われてしまったが、逆にそれで奮起したのかすぐにFWカマラのゴールで同点に追いつき、その後もMFジェイムズの2得点で勝利。
結果的にはボール支配率でもシュート数でも敵地ながらこちらが圧倒。
パリFC、ターフィー監督にとって記念すべきヨーロッパリーグでの初勝利となった。

SnapCrab_Football Manager 2016_2016-7-18_18-55-49_No-00
リーグ・アンに戻っても勢いは止まらず、FCロリアン相手に快勝。
相変わらず待遇への不満は消えていないFWポルサン・クレメンテだが、同ポジションのFWカマラの好調に触発されたか、この試合ではハットトリックを記録。

ヨーロッパリーグでも初勝利を挙げ国内リーグでも4連勝中の今なら、あのパリ・サンジェルマンにも勝てるかもしれない!
そんな希望をもって臨んだ、敵地でのパリ・ダービー。
SnapCrab_Football Manager 2016_2016-7-18_20-4-48_No-00
どうしてこうなった。
昨季、リーグ戦で敵地で戦った時なんかもいい試合はしてたし(0-0で引き分け)、攻撃陣が好調な今ならより良い結果も出せるのではないかと思っていたが、まさかの大虐殺。
本当に我々にとってのエアーマンである。
倒せない。

SnapCrab_Football Manager 2016_2016-7-18_20-9-13_No-00
惨敗の精神的ダメージを乗り越えて次の試合に立ち向かおうとしていた矢先、MFジェイムズが負傷で一ヶ月程度の離脱である。
左サイドハーフのレギュラーの離脱は惨敗云々を抜きにしても痛い。

続いての試合はヨーロッパリーグ・グループリーグ第3節、ウクライナのドニプロ戦。
SnapCrab_Football Manager 2016_2016-7-18_20-53-46_No-00
珍しくウノゼロ。
辛勝でも勝ちは勝ち、これでグループリーグ3戦目を終えて折り返しということになるが、ここまで2勝1敗ということでグループリーグ2位通過くらいなら狙えそうな感じになってきた。

SnapCrab_Football Manager 2016_2016-7-18_21-15-44_No-00
SnapCrab_Football Manager 2016_2016-7-18_21-15-48_No-00
リーグ・アンに戻って、RCランスに敗戦。
ランスも今季好調で、シュート数ではこちらが上回りながらも決定機での精度で相手が上回った。
そしてFWポルサン・クレメンテが負傷で一ヶ月程度の離脱。
今はFWカマラが好調なのが不幸中の幸いだが、万全の状態で戻ってきてもらいたい。

SnapCrab_Football Manager 2016_2016-7-21_21-8-11_No-00
10月が終了。
ヨーロッパリーグで好調な一方、リーグ・アンでは無得点で連敗。
10月後半に入り急に攻撃陣が冷え込んできたのだろうか。
SnapCrab_Football Manager 2016_2016-7-21_21-8-19_No-00
リーグ・アンではいまだ首位ではあるものの勝ち点差なしでパリ・サンジェルマン、ASモナコといった強豪に並ばれており、7位までが勝ち点差3の中で争っている。
まだまだ長いリーグ戦の序盤ということで、大逃げしていた馬が4コーナーどころか向正面の直線で捕まったような哀しさであるがこの先もできる限り上位に食らいついていきたいところ。
下位の残留争いでは16位AJオセール、17位SMカーン、20位サンテティエンヌという昇格組のほか、18位FCメス、19位ナンシー・ロレーヌも苦しい状況となっている。
ただこちらもまだまだ先は長く、巻き返しは可能だろう。


といったところで今回は終了です。
渡仏後初のリーグ戦首位はつかの間の夢として終わるのか、続きは次回以降となります。


 
スポンサーサイト

category: FM16

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。