ちゃーじのFM日記

Football Managerの記録。本物のターフィーくんとも、本物の先代のターフィーくんとも関係ないですゴメンナサイ

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

16-17シーズンに向けて (2016.07)  

無職からフットボールチームの監督となって、初のシーズンが終了したターフィーくん。
シーズン途中からの監督就任でリーグ戦でも目標だった中位でのフィニッシュを果たし、また下部リーグのクラブによるカップ戦、FAトロフィーで優勝。

ターフィー君の年俸も日本円で450万円。
大幅にアップした。
JRA_Class.png
中央競馬のクラス分けで考えても、今までは「新馬・未勝利」クラスだったが、今や「500万円以下」クラスであるといっても過言ではないだろう。

監督の待遇とともに、クラブの状態はV字回復しているかに思われたが……。


 
2016年7月

実際のところは問題が山積みである。
SnapCrab_Football Manager 2016_2016-3-31_10-5-10_No-00
SnapCrab_Football Manager 2016_2016-3-31_10-5-8_No-00
毎月垂れ流している赤字は未だ底が見えていない。
監督としては人件費予算範囲内、というか10%程度余らせるくらいで戦っていたはずだが、総合的な収支では赤字が続いているのである。

その人件費にしても
SnapCrab_Football Manager 2016_2016-3-31_10-5-4_No-00
昨季の人件費が2億6900万円だったところ、2億5500万円となり微妙に削られてしまっている。
このシーズンオフで戦力を落とすことなく、高額のベテラン選手数人とお別れしなければならない。

SnapCrab_Football Manager 2016_2016-3-31_10-5-20_No-00
スポンサーさんからの収入が少しだけ増えたことは素直に喜ばしい。
しかし……
SnapCrab_Football Manager 2016_2016-3-31_10-6-4_No-00
トレーニング施設が老朽化・陳腐化しても、投資できるお金など無いのである。

愚痴っていても仕方ない。
次のシーズンに向けて準備を進めよっと。

SnapCrab_Football Manager 2016_2016-3-31_11-4-30_No-00
人件費に関してはせっかく予算を増やしてもどうせ赤字も増すだけなので、目標は低いままとする。
まあこのオフは基本的には控え選手の若返りを図るだけなので、今の予算で何とかなりそうというという甘い考えもあるし。

SnapCrab_Football Manager 2016_2016-3-31_11-4-35_No-00
優勝ボーナスは「通常の額」で。
みんなのやる気を削ぐわけにもいかないし、かといって無い袖は振れない。

ということで、シーズンオフ。
選手たちは長い休暇に入っているが、監督も含めたフロントにとってはこのオフの仕事が重要である。
いや、素人監督はシーズン中に大したことできないし、ほら。

というわけで、スタッフ陣も契約更新&入替。
SnapCrab_Football Manager 2016_2016-3-31_12-58-35_No-00
昨季途中にアシスタントマネージャー引き抜きに伴うコーチ増員を行なっているので、このオフは契約満了に伴う交代のみ。
ユース組織責任者のダイラー氏、GKコーチのハイド氏、ヘッドフィジオのラッテンベリー氏を新任として迎えている。
また、今年限りで現役を引退した元FWストレベンズがU-18チームのコーチとしてクラブに残ることになった。
まあコーチとしての能力が高いわけではないが、「引退した選手がチームに残って後進の育成に当たる」という流れが好きなので。

SnapCrab_Football Manager 2016_2016-3-31_12-58-10_No-00
ターフィーくんもこの半年間の監督生活で地味ながら成長している。

能力15/0715/1116/07
攻撃124
守備123
フィットネス111
GK122
戦術指導123
技術指導124
メンタル346
若手指導111
環境適応555
勝利意欲555
能力判定233
潜在判定233
規律性333
選手管理456
モチベ556
ライセンスなしなしなし

一応成長しているが、成長している能力とそうでない能力があり、何をきっかけに伸びているのかわからない。
メンタル指導が伸びているのは、日本から禅の要素を取り入れた指導でも持ち込んだりしているのだろうか?
監督の能力についてはあまり影響は無いのだろうが、一応今後も定期的にチェックしてみようと思う。


選手紹介(16-17シーズン)

今季、ともに戦っていく選手たちの、まずは一覧である。
SnapCrab_Football Manager 2016_2016-3-31_12-59-41_No-00
ポジションごとに詳細を説明するが、長いと感じたら飛ばしていただければ。

<GK>
2016_01_Poke,Michael
2016_02_Noice,Lewis
昨季、Eastleighの正GKだったポークが今年も基本的には正GKと考えているが、今季はノイスがU-21チームから内部昇格。
能力的には大差無いと思われるので、序盤戦はローテーションで使ってみて内容によっては優先度が入れ替わることもあるかもしれない。

<DF>
2016_03_Obeng,Curtis
2016_04_Coulson,Luke
右サイドバックは昨季レギュラーのオベンがOxfordからのレンタル延長で残留している。
昨年同様コールソンは控えとなるが、今季はもう少し使ってあげたいところではある。

2016_05_Harding,Dan
2016_06_Green,Mike
左サイドバックも顔ぶれに変化無し。
ハーディングには今年も中心的な活躍を期待しているが、今季限りで契約が切れてしまう。
現時点では契約の延長の意思が無いようであり、今季昇格を逃すようだと(あるいは昇格したとしても)今季限りでお別れとなってしまう。
控えのグリーンはさすがにハーディングとの比較では見劣りするが、チーム在籍年数の長い選手だしハーディングの去就によっては今後もお世話になりそうなので大切に使っていきたい。

2016_07_Conroy,Dion
2016_08_Partridge,Matt
2016_09_Turley,Jamie
2016_10_Evans,Will
センターバックは昨季のレギュラーでベテランのリードが契約満了に伴い退団。
若返りを図るということで、Chelseaの下部組織出身で放出されていたコンロイを獲得。
また、昨季途中より期限付き移籍で加入していたパートリッジは移籍元のNewport Countyで戦力外とのことで、自由移籍で獲得して引き続き我がクラブに残ってもらうことになった。
この新戦力二人に加え、昨季公式戦でチーム最多出場のターリー、センターバックに転向中のMFエヴァンスの4人での定位置争いとなる。

<MF>
2016_12_Cameron,Henry
2016_14_Fanimo,Matthias
2016_13_Molyneux,Luke
MFはまず両サイドから。
右サイドは昨年に引き続いてキャメロンがBlackpoolからのレンタル継続。引き続き活躍を期待。
一方の左サイドも昨季活躍のファニモが今年もレギュラーとなる。
両サイドのバックアッパーとしてSunderlandの下部組織出身のモリニューをフリーで獲得。まだ18歳ということで、今後の成長を期待したいところ。

2016_11_Partington,Joe
守備的MFは昨季に引き続きパーティントンがレギュラーとなる。
とはいえ彼に不測の事態があった場合には他に「天性」レベルの選手がいないため、センターバックやセンターMFの選手を使い回さざるを得ない。
2016_15_Drury,Andy
2016_16_Burge,Ryan
2016_17_Payne,Josh
2016_18_Reason,Jai
2016_19_Whitfield,Ben
センターMFおよび攻撃的MFについては彼らによる定位置争いとなる。
まずドルリーはプレイメーカータイプの選手で、昨季も多くの試合に出場した。
バージは足元の技術ではドルリーに劣るものの中盤で走り回ってチームに貢献。
ペインはバックアッパーであったが起用に不満を抱えており、現在は移籍リストに載っているというところである。
リーズンは昨季は攻撃的MFのレギュラー格として活躍していたが、負傷での離脱も多かった。
ウィットフィールドは弱冠20歳ながらその攻撃的MFをはじめとして4ポジションで「天性」レベルの適性となっており、離脱者が出た時のバックアップとして経験を積んでもらいたい。

<FW>
2016_20_Constable,James
2016_21_Midson,Jack
2016_22_Lee,Tony
FW陣は昨年から2人削減。
昨季45試合で30得点のエース、コンスタブルがまずは一番手。
バックアップにミッドソン、若手枠としてリーが控える。
そんなリーはコンスタブルの指導によりプロ意識が強化された模様。


というメンバーで今季を戦い抜いていく予定である。
基本的に昨季のレギュラー格の選手は残留、その上で控えの選手が若返っている。
資金面と監督の方針、両方が理由。

SnapCrab_Football Manager 2016_2016-3-31_12-42-32_No-00
SnapCrab_Football Manager 2016_2016-3-31_12-52-48_No-00
今シーズンの背番号、キャプテンなどを決定。
ここまで来るとシーズン開幕も近い。
今季のキャプテンはエース、FWコンスタブル。
副キャプテンは若いMFファニモに任せることにした。

SnapCrab_Football Manager 2016_2016-3-31_17-44-17_No-00
マスコミの予想では今季は4番人気とのことである。
昨季後半のような試合を続けていけば、というような予想なのかな?

SnapCrab_Football Manager 2016_2016-3-31_18-42-22_No-00
プレシーズンマッチは調整、および選手のモチベーションの高揚を目的として、ド格下を中心に組んだ結果圧勝続きではあるが、何らかの試金石になっているのかは微妙。
格上(3部)のPeterboroughにもなぜか快勝しているが、向こうも控え選手のテストでもやってたのだろう。


ということで、開幕前の準備期間が終了。
あとは開幕を待つのみである。


 
スポンサーサイト

category: FM16

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。